霊園・お墓・仏具のことなら広島の大日堂のホームページ

日々のこと

大日堂

伐採

霊園

大日堂の岡本です。

以前、温品光霊苑の斜面にある大きな木を切ったことがあります。
その木は幹が約30cmありました。
どのように切れば安全かを考えたのですが、斜面なので切った後で転がり、下の道路に落ちる危険性がありました。
なので、紐をその木にかける事を考えたのですが、支える側の木など、適当なものがありませんでした。

思いついたのは、いっぺんに切らず、何回かに分けて切ることでした。
まず枝を切り、太い幹をチェーンソーで切ろうとしたのですが、刃がたたずチェーンがはずれてしまいました。
どうしてもやり遂げたかったので、今度はのこぎりに持ち替えて作業をし、時間はかかりましたが、何とか終える事ができました。

達成感はありましたが、木に申し訳ない気持ちもありました。
木は言うまでもなく生きています。
古くから神や精霊が宿るとも言われています。

しかしながら、時には安全のためにやむおえず伐採しなければならない事があります。
なので、木に心を込めて一礼。
そして、そこから斜め上に見える御神木に汗だくの手を合わせたのでした。

合掌