霊園・お墓・仏具のことなら広島の大日堂のホームページ

日々のこと

大日堂

九品

阿弥陀如来像

大日堂の金山です。

浄土三部経(じょうどさんぶきょう)に数えられるお経のひとつ、仏説観無量寿経(ぶっせつかんむりょうじゅきょう)。
このお経の中で、人は生前に積んだ功徳の多少によって、往生の仕方に9つの段階、九品(くほん)があると説かれています。

上品(じょうぼん)、中品(ちゅうぼん)、下品(げぼん)という3つの段階、さらにそれぞれの中に、上生(じょうしょう)、中生(ちゅうしょう)、下生(げしょう)という3つの段階があるといいます。
最も徳の高い人は上品上生(じょうぼんじょうしょう)、その反対は下品下生(げぼんげしょう)です。

また、極楽浄土におられる阿弥陀さまは、九品来迎印(くほんらいごういん)と呼ばれる、それぞれの段階にふさわしい手の組み方、印で私たちを迎えてくださるといわれています。
私たちが極楽浄土に往生したとき、阿弥陀さまのお姿で、自身の段階がわかるというわけですね。
何とも背筋の伸びるお話です。

ちなみに、私たちが普段使う、上品(じょうひん)、下品(げひん)という言葉は、この九品に由来するといわれています。

合掌