霊園・お墓・仏具のことなら広島の大日堂のホームページ

日々のこと

大日堂

梅雨の中休み

ビワ

大日堂の石原です。

梅雨の長雨が続くと、お客様からご注文を頂いている墓石や追い文字の完成納期が間に合わなくなるのでは…と、この時期は祈るような毎日です。

お客様と打ち合わせをさせて頂いている私以上に、文字彫りの準備を担当する者、墓石に文字を彫る者、実際に現場で建立作業をする者や、その作業日程を組んだり、資材の調達をしたり、総括して工程を進める者は、本当に気が気ではありません。
雲行きレーダーといつも睨めっこ‼
一喜一憂です。

ところが、5月最後の週末から6月初めの約一週間は、梅雨明け?と思うくらい、とても良いお天気に恵まれました。
絶好の作業日和です。

案の定、○○家終わりました!○○家終了です!と工事完工の報告が次々に入ってきます。
梅雨の中休みに感謝です。
「ありがとうございます」と思わず手を合わせます。

爽やかな初夏の風に誘われ、事務所の外に出て、思いっきり両手を伸ばし大きく深呼吸‼
気持ちいいなぁ…

燦燦と降り注ぐ日差しの先に、ビワの樹が…
昨年は実らしい実がならず、固く小さな青い実が数個、樹木の根元に落ちていました。

わぁ~今年は何ということでしょう‼
オレンジ色の袋を買い足すぐらい、たわわに実を付けてくれました。

何だか嬉しくなります!
笑顔になります!
コロナなんかに負けないで‼と応援してくれているようです。

合掌