霊園・お墓・仏具のことなら広島の大日堂のホームページ

日々のこと

大日堂

法名と戒名

金蘭

大日堂の金山です。

本日は法名(ほうみょう)と戒名(かいみょう)のお話です。

どちらもお寺さまからいただくお名前で、仏弟子となったことを意味しますが、宗派によって呼び方が異なります。
浄土真宗では法名、浄土真宗以外の宗派では戒名といいます。
また、日蓮宗では法号といいます。
浄土真宗では在家のまま、仏法をよりどころとして生活すること、浄土真宗以外の宗派では、出家し、戒律を守って修行を積むことなど、各宗派の教えの違いが、法名、戒名という呼び方の違いに表れています。

また、法名と戒名は本来生前にいただくものですが、実際には亡くなった時にいただくことが多いのではないでしょうか。
浄土真宗では、亡くなるとたちどころに極楽浄土に生まれ変わるといわれていますが、浄土真宗以外の宗派では、亡くなった後も修行を積まなければならないといわれています。
そのため、少なくとも没後には戒名をいただいて、仏門に入る必要があるのですね。

法名と戒名、どちらも仏さまへの道が開かれる、ありがたいお名前です。

合掌