霊園・お墓・仏具のことなら広島の大日堂のホームページ

日々のこと

五感で春をいただく

花

高屋光霊苑の金久です。

出勤して参りますと、白梅の甘く妖しい香りが鼻をくすぐります。
「やっと春が来る」
気持ちが痩せて暗いトンネルに光を感じ、今日も頑張ろうと自然に口角が上がります。

苑内を掃除して周りますと、色とりどりのフリージアやサクラ、チューリップが「おはよう」と花筒から首を伸ばし、「今日もよろしくね」と風に揺られて私に手を振っているように感じます。

ココア色に染まった山々も冬の寒さに耐え、少し早く枝から新しい息吹を見せ始めました。
花壇からはこぼれ種で咲いた白いノースポールが「ただいま!」と微笑んでいるように見えます。

春を目や鼻から感じる。
五感で春をいただく。
光いっぱいの高屋光霊苑は、今日も目に映える緑や花に囲まれ、こころにたくさんの栄養補給ができます。

合掌