霊園・お墓・仏具のことなら広島の大日堂のホームページ

日々のこと

高屋光霊苑

梅雨の晴れ間は活発

山法師

高屋光霊苑の金久です。

梅雨の晴れ間は霊苑が大忙しの日々です。
草取りを筆頭に、花筒の水換えや枯れた花の回収。
強い雨に打たれて落ちた葉の収集や花壇の花を切り戻し、定時まで自分が機械の一部のように動きまわります。

もちろん霊苑職員は皆同じで、互いの存在が見えないほど、集中して働きます。
それでも和気藹々とした空気なのは、お互いの存在を大切にし、理解しようと努めているから。
何が相手を抑制するのか話し合い、波風が立たない「凪」を創ります。

見たくない悪夢の種まきをしないよう、見たい現実の種だけを撒いて、他者の言動に依存しないよう、霊苑を囲う自然美に気持ちを委ねて過ごすからかなと感じます。

今日も花やカエルは元気です。
霊苑で憩う優しい世界。

合掌